日蓮宗 啓運山 妙法寺

明るいお寺を目指して

「何よりもお寺に親しみを持って頂きたい」という住職の願いは、
春夏秋冬それぞれの催事を通して地域を根ざしたお寺であろうとする、
妙法寺の変わらない姿勢もあります。
四季の移ろいとともに、訪れる時を感じながら
未来を語れる寺でありたいと思います。

ホタル「観蛍会」一般公開

自然との共生。広大なお寺の中で、自然の大地から汲み上げた井戸水が流れる小川。
毎年夏には、ホタルが放たれます。庭に息づく小さき生き物たちに、目と耳をそっと澄まし、
夏のひと夜を過ごします。心和むひと時です。

5月末〜6月頭

当山では、お寺をいっそう開放し、以前の宗旨・宗派を問わず、通夜・葬儀・法事にいたる供養の全てが行え、書道塾、英会話教室、茶道教室、音楽教室など地域に根ざした交流も盛んです。また、自然との共生を考慮した太陽光発電システムの設置は、子供たちの未来環境への当山の積極的な取組みの一つであり、毎年夏に寺庭でゲンジボタルの鑑賞会を開くなど、明るいお寺を目指した様々な取り組みを行っております。

災害に備えて

妙法寺の組織

妙法寺は下記の体制にて、寺院内外の活動をしております。